プロアクト法律事務所

弁護士・公認不正検査士 松葉 優子

不祥事対応、有事の危機対応(クライシスマネジメント)

 危機時の実務対応における社内・社外の豊富な現場経験を踏まえて、適正な経営判断を導くための法的助言、社内調査・顧客対応・広報対応・当局対応といった現場対応、社外専門家による第三者委員会の組成と運営まで、幅広く支援します。

関連するtopicsはこちら【危機管理】

主な取扱実績

  • 不祥事件疑義事案の調査業務

平時のリスク管理体制(内部統制システム/コンプライアンス体制)の整備と強化

 個々の会社が直面しているリスク状況に合わせて、リスクの抽出・評価・統制・監視というPDCAを回すためのリスク管理体制を整備し、強化するための取組みを支援します。制度設計・規程整備・社内研修・内部通報窓口設置・内部通報外部窓口・外部アドバイザー就任などのニーズにも対応します。

関連するtopicsはこちら

主な取扱実績

  • リスクマネジメント体制強化支援
  • 社員向け内部通報制度の外部窓口業務
  • 上場準備としての内部統制システム整備強化

コーポレートガバナンス/会社法

 東証コーポレートガバナンスコードへの対応、取締役会の実効性についての分析・評価などを支援します。取締役会・監査役会に特化した顧問業務の受託、個別の経営判断に対する法的助言・法律意見書作成、株主代表訴訟対応、株主総会運営、IR活動といった経営法務まで幅広く支援します。

関連するtopicsはこちら【会社法】

主な取扱実績

  • 企業買収・出資に伴う法務デューディリジェンス業務
  • 上場企業の株主総会指導業務

金融商品取引法(ディスクロージャー規制/不公正取引規制/業規制)

 有価証券報告書等のディスクロージャー、適時開示の実務対応から、インサイダー取引等の不公正取引の未然防止・事後対応まで、上場会社に要請される金商法リスクマネジメントを幅広く支援します。

関連するtopicsはこちら【金融商品取引法】

CSR/ESG法務

 従来はCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)、近年ではESG(Environment Social Governance:環境・社会・統治)と表現される企業経営のテーマは、企業と事業の持続可能性(Sustainability)を測るひとつのモノサシとして定着しつつあり、機関投資家による投資先の選別に加えて、サプライチェーンを構成するメンバーの選別にも影響を与え始めています。CSRやESGの視点が欠落した企業経営や事業運営では、持続可能性が損なわれ、事業継続上のリスクが顕在化します。

 各種契約書におけるESG条項の導入や、投資先・取引先に対するESG目線でのデューディリジェンスの実施などの個別事案から、全社的なCRS/ESGリスクマネジメント体制の整備まで、法務周辺領域における企業のCSR/ESG活動を、幅広く支援いたします。

関連するtopicsはこちら

紛争・訴訟・ADR対応

 臨床法務の中心として、また企業のリスクマネジメントの重要な一局面として、紛争・訴訟・ADR事件を受任します。

関連するtopicsはこちら【紛争・訴訟・ADR】

pagetop